見積金額・受注金額・追加金額について

 

 

こちらでは弊社の見積金額・受注金額・追加金額についての考え・見方・注意点などをご説明させて頂いております。

 

お客様にとって一番大事な点です。

 

見積金額について

 

見積金額はあくまでも工事する前に検討する土台金額として見て頂ければと思います、勿論お客様との工事内容が違うとかは話になりません。しかし、工事内容が多くなったり細かくなったりお客様の変更が多くなったりしていくと相違が発生する場合が考えられますので一つ一つ確認していくことは非常に重要な事です。

 

また、お互いのイメージだけで見積金額を見ていくらぐらいでこんなイメージかなと漠然と事を進めていくと後でトラブルになる可能性もありますので弊社では必ず工事する前に見積金額に対して工事項目一つ一つご説明していきます。

 

見積金額の出し方ですが、工事項目で工事する内容が全部把握できる事に気を付けております。

 

一例として

 

 6帖のお部屋のカーペットをフローリングに張替したいと要望があれば

 

  他社様の場合            弊社の場合

既存撤去処分 1式       既存グリッパー・フェルト・巾木 撤去処分 

床フローリング貼り 1式     床下地処理・副資材(    使用)

       以上      フローリング材  ○○の○○色の品番 等

                   フローリング貼り手間費用 

              巾木取付(○○巾木・○○色 等)

                     他考えられる工事項目は?

                (養生・ワックス有・無) 

                          以上

 

同じ内容の工事でも細かく出しております。最終的に見積書で理解できるように心掛けております。 

 

見積の出し方の違いについてお客様より何でみんな違うの?とご指摘が御座います。理由は工事に携わる職人・会社・経験・性格・担当者それぞれ見方・考え方・捉え方 が違うので項目も違ってきます。

細かすぎると分かりにくくなり・大まかすぎるとどこまで入ってるのか不安になりますので、ある一定の工事項目で当社は行っておりますのでご理解の上、宜しくお願い致します。

 

 

 

受注金額について

 

 

見積金額から実際に工事を行う金額ですが、請負契約書を交わしております。

打合わせを重ね変更等あると最終的な確認も含め相違がないように いつ提出した見積書の最終金額、工事期間、支払方法、工事に関しての内容含め契約書を交わしております。

 

署名して印鑑(認印OK)必要です。当社とお客様双方控えとして保管

 

口頭だけですとトラブルになる可能性がありますので工事開始前には行っております。

 

工事融資等をお考えの方にも請負契約書の提出が必要かと思いますのでその際も見積書(請求書の場合)・請負契約書を合わせ提出しております。 

 

 

 

 

追加金額について

 

追加工事・追加金額についてですが、工事を進めていくと稀に予期せぬ追加工事が出たり、お客様からの要望の追加、変更の増減、見えない箇所の破損・損傷・損耗 など 様々ですが、全てにおいて事前相談・ 事前確認・事前状況把握 があるなかでの 追加工事です。

 

勝手にやって追加でたのでいくら請求とか御座いません。

 

追加工事・追加金額は全てお客様に事前承諾ですのでご安心ください。

 

金額に関して少額の場合は工事規模によりますがサービスで行う場合も御座います。

 

                             

その他のメニュー

弊社の工事に関しての流れを御説明しております。

弊社の特徴としての安心保証制度を御説明しております。

弊社の事業内容の参考一覧をご説明しております。

メール・FAXは24時間
受付しております。

お電話でのお問合せはこちら

043-462-8205

受付時間:9:00〜18:00